神戸市が介護予防の遊技規制へ

全国初

 神戸市は12日までに、パチンコやマージャンなどの遊技を介護予防として主に提供する「アミューズメント型デイサービス」を条例で規制すると発表した。市によると、9月市議会で関連条例案が可決・成立すれば、こうした遊技の提供施設の規制は全国初という。

 遊技を介護の主体とする施設は全国的に増加傾向にある。遊技場のような雰囲気の中で長時間遊ばせる施設は、疑似通貨の使用などで利用者の射幸心やギャンブル依存を高める可能性があり、生活を支援する機能訓練の趣旨から外れているとして、サービス内容には不適切と判断した。

あなたにおすすめ