中国紙、天皇陛下の謝罪求める

戦争めぐり新華社評論掲載

 【北京共同】中国紙、光明日報などは26日付の紙面で、昭和天皇は中国侵略戦争や太平洋戦争の発動を指揮した「張本人」だったとして、皇位継承者である天皇陛下は戦争被害国に謝罪すべきだとする中国国営通信の新華社の評論を掲載した。

 中国メディアでは、先の大戦について安倍晋三首相に謝罪を求める評論は頻繁に見られるが、陛下の謝罪が必要との記事は極めて珍しい。

 ただ中国共産党機関紙の人民日報やその系列の環球時報など多くの新聞はこの評論を掲載しておらず、インターネット上でも評論への反応は鈍い。

あなたにおすすめ