すき家、契約社員千人採用

人手確保へ17年春までに

 牛丼店「すき家」を運営するゼンショーホールディングスは2日、2017年3月までに契約社員として約千人を採用すると明らかにした。うち700~800人はアルバイトから登用し、雇用形態を切り替える。待遇を良くして、一部店舗での深夜営業休止の原因となっている人手不足の解消を目指す。

 契約社員にするアルバイトは経験のある店長クラスなどから選ぶ。時給が2~3割上がり、賞与もあるという。契約期間は1年で、問題がなければ毎年更新する。

あなたにおすすめ