ワタミ、介護事業売却へ

損保ジャパンが入札参加

画像 ワタミが運営する介護施設=7月、東京都練馬区 業績が悪化している外食チェーン大手のワタミが、子会社で手掛けている介護事業を売却する方針を固めたことが9日、分かった。事業売却に向けた入札を実施し、損害保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングスが参加した。ワタミは事業の多角化を進めてきた従来の戦略を転換し、居酒屋「和民」を中心とする飲食分野に経営資源を集中する。

 ワタミは2015年3月期末時点で有利子負債が300億円超に膨らみ、主要な取引銀行がグループ展開の抜本的な見直しを求めていた。介護事業を売却した資金で負債を圧縮し、経営状況を改善する。

あなたにおすすめ