ブラックバイトで団交要求

大学生、飲食チェーン店に

画像 記者会見する労働組合「ブラックバイトユニオン」のメンバー=10日午後、厚労省 労働組合「ブラックバイトユニオン」は10日、大手飲食チェーン店でアルバイトとして働く組合員の大学2年の男性が、4カ月間の連続勤務や多額の「自腹購入」を強いられたとして、未払い賃金や購入代金の返還などを求めて会社側に団体交渉を申し入れた、と明らかにした。

 男性は首都圏の「しゃぶしゃぶ温野菜」に勤務。申し入れ先は男性が雇われており店をフランチャイズ経営する会社と、フランチャイズ本部の「レインズインターナショナル」(横浜市)。

 男性は今年4月から休職を申し出た8月まで毎日約12時間を休みなく働いたにもかかわらず、一部の賃金が未払いになっていると主張。

あなたにおすすめ