盗撮で20代女性空士を停職

自分の体と比べたかった…

 航空自衛隊浜松基地は14日、着替え中の女性を盗撮したとして、20代の女性空士を停職20日の懲戒処分にした。空士は調べに「自分の体形にコンプレックスがあり、比較のために撮影した」と話しており、依願退職の意向という。

 浜松基地によると、空士は第2術科学校学生隊に所属しており、2013年10月ごろ、基地内の居室で同室の女性隊員2人が着替えている様子をスマートフォンで盗撮。被害者が気付き、11月に浜松地方警務隊に届けた。これまでに画像流出は確認されていない。

 同警務隊が14年4月、空士を軽犯罪法違反容疑で静岡地検浜松支部に書類送検、7月に起訴猶予処分となった。

あなたにおすすめ