チリ地震、太平洋広域で津波警戒

建物倒壊、死者10人に

画像 16日、チリ中部バルパライソで津波到達後に路上に散らばったがれき(AP=共同) 【リオデジャネイロ共同】チリ中部沖で16日夜に発生した地震で、日本やハワイ、ニュージーランドなど太平洋広域で日本時間の18日早朝までに津波が到達する可能性があるとして米ハワイの太平洋津波警報センターが警戒を呼び掛けている。

 チリのメディアによると、17日までに建物の倒壊などにより10人が死亡した。

 沿岸部の住民約100万人が高台などに避難。津波警報が解除されていない地域の住民は避難したまま不安な夜を過ごした。

 チリ政府は17日までに津波警報を解除。バチェレ大統領は同日、被災地を視察し被害状況の確認を進める。

あなたにおすすめ