国宝の姫路城にドローン衝突

大天守窓枠に傷3カ所

画像 世界遺産・国宝の姫路城大天守6階南面に衝突し、5階の屋根に落ちた小型無人機「ドローン」=19日、兵庫県姫路市 19日午前6時15分ごろ、兵庫県姫路市にある世界遺産・国宝の姫路城大天守の最上階6階南面に、小型無人機「ドローン」が衝突した。巡回中の警備員が目撃した。

 姫路城管理事務所によると、しっくい壁や屋根瓦などの被害は確認されていないが、窓枠の水切り銅板に衝突の際にできたとみられる傷のようなものが3カ所見つかった。ドローンは5階の屋根に落ちており、プロペラが破損していた。

 操縦者は見つかっておらず、姫路署は文化財保護法違反容疑を視野に捜査している。

 管理事務所によると、姫路城周辺では2013年以降、ドローンの目撃情報が15件あったが、衝突したのは初めて。

あなたにおすすめ