安倍首相、難民支援に970億円

国連改革へ決意

画像 ニューヨークの国連本部で演説する安倍首相=29日(共同) 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は29日午後(日本時間30日未明)、米・国連本部で演説し、欧州で懸案となっているシリアやイラクなどからの難民対策として約8億1千万ドル(約970億円)の支援を約束した。「世界の平和と繁栄に一層の貢献をする責任を果たす」として安全保障理事会改革を通じた常任理事国入りへの決意も表明した。

 中東やアフリカの安定化に約7億5千万ドル(約900億円)を拠出する方針も示した。支援総額は約1870億円となる。難民やテロ問題が国際社会の重要課題となる中、「積極的平和主義」に基づく貢献姿勢を打ち出し、安保理改革への支持につなげたい考えだ。

あなたにおすすめ