米乱射、キリスト教徒選び銃撃

計画的犯行か

画像 銃乱射事件の犠牲者を追悼する人たち=1日、米オレゴン州ローズバーグ(ゲッティ=共同) 【ニューヨーク共同】米西部オレゴン州ローズバーグのコミュニティーカレッジで1日に起きた銃乱射事件で、容疑者の男が犯行時に教室にいた学生らに宗教を尋ね、キリスト教徒を選んで銃撃していたことが分かった。負傷した女子学生(18)が父親らに語った話としてCNNテレビが2日伝えた。

 銃を乱射したのはクリス・マーサー容疑者(26)。「組織的な宗教」を嫌っていたとの情報もある。容疑者は銃を複数持ち込み「このときを待っていた」と話したとされ、計画的犯行の可能性がある。

 父親らの話では、容疑者は学生に信仰する宗教を尋ね、キリスト教徒に「すぐ神に会える」と言って銃撃した。

あなたにおすすめ