日本の常任理事国入りに「打撃」

ロ、日米関係にくさび

 【モスクワ共同】国営ロシア通信は9日、ロシアとの平和条約締結交渉を再開した日本に対して米国が慎重な対応を求めたことに関し、日本が目指す国連安全保障理事会常任理事国入りに「壊滅的な打撃」になるとのロシア外交筋の見解を伝えた。

 外交筋は「もし米国が日本に対し、隣国との機微な問題についての対話をいつどのように行うか指図できると考えるならば、日本の常任理事国入りの計画は壊滅的な打撃を受ける」とけん制。常任理事国を拡大する場合は他国に依存する国ではなく「独立したプレーヤーでなければならない」と強調した。

 外交筋の発言には日米関係にくさびを打ち込む狙いがあるようだ。

あなたにおすすめ