古代史研究家の古田武彦氏死去

九州王朝説を提唱

画像 死去した古田武彦氏 「『邪馬台国』はなかった」の著書で知られ、「九州王朝説」などを提唱した古代史研究家で元昭和薬科大教授の古田武彦(ふるた・たけひこ)氏が14日午後10時13分、京都市西京区の京都桂病院で死去した。89歳。福島県出身。葬儀・告別式は故人の意向で営まず、身内だけでお別れの会を行う。責任者は長男光河(こうが)氏。

 高校教員時代から親鸞に関する研究で知られた。その後、古代史研究者に転身し、独自の古代日本史観を提唱した。

 女王卑弥呼が住んだのは邪馬台国ではなく「邪馬壹国」とし、この国が九州にあったとする「九州王朝説」などを展開した。

あなたにおすすめ