世界体操、白井が床運動で金

種目別決勝、あん馬の萱は銅

画像 男子種目別決勝 白井健三の床運動=グラスゴー(共同)画像 体操の世界選手権男子種目別床運動の表彰式で金メダルを手にする白井健三=31日、英グラスゴー(共同) 【グラスゴー(英国)共同】体操の世界選手権第9日は31日、英国のグラスゴーで種目別決勝の前半5種目が行われ、男子は床運動で白井健三(日体大)がG難度の大技「リ・ジョンソン」を決めるなど16・233の高得点で2大会ぶり2度目の優勝を飾った。

 あん馬では個人総合で10位に入った18歳の萱和磨(順大)が、15・500点で銅メダルを獲得した。

 個人総合6連覇を達成した内村航平(コナミスポーツク)は最終日の11月1日に鉄棒で今大会3個目の金メダルを狙う。

あなたにおすすめ