ロシア機、高高度で発火、分解か

爆発の可能性も

画像 墜落したロシア旅客機の残骸=1日、スエズ(ゲッティ=共同) 【モスクワ共同】タス通信によると、複数のロシア航空当局者は1日、エジプトで墜落したロシア旅客機について、空中で発火した可能性があるとの見方を示した。現場を視察したロシア航空庁のネラチコ長官は「高高度で機体が分解した」と述べた。

 ロシアとエジプト、フランスの関係国による調査は空中爆発の可能性も含めて究明を進めるとみられる。ロシアのソコロフ運輸相は原因について、詳細な調査を待たずに特定はできないと述べた。

 ロシア航空当局者はタス通信に「翼の損傷の様子」を根拠に空中で発火した可能性に言及する一方、発火が直接の墜落原因となったかどうか断言はできないとも語った。

あなたにおすすめ