ドイツで難民襲撃、放火相次ぐ

集団リンチ、流入に反発か

 【ベルリン共同】ドイツのメディアによると10月31日から1日の週末にかけ、同国各地で難民らを狙った襲撃や放火が相次いだ。東部マクデブルクでは1日、約30人の集団が野球のバットでシリア人難民ら3人をリンチし、けがを負わせた。東部イエナでもシリア人男性が路面電車の停留所で男3人に殴られ軽傷を負った。

 ドイツでは最近、難民、移民の大量流入に極右勢力が強く反発し、難民らを標的にした暴力行為が多発。同国情報機関の連邦憲法擁護庁は、民主主義に対する攻撃だとして襲撃を激しく非難した。

あなたにおすすめ