シリア難民ら、自転車で欧州へ

ロシア経由の北極圏ルート

画像 ロシアとノルウェーの国境近くの検問所に集まる難民ら=10月30日(ロイター=共同) 【ロンドン共同】内戦が続くシリアなどから難民や移民が欧州に押し寄せる中、ロシアの北極圏を経由して北欧ノルウェーに自転車をこいで入る新ルートが注目されている。

 ロシアはシリアのアサド政権と親密な関係で、シリア人にとってビザが比較的手に入りやすいほか、地中海を渡る従来のルートは船の遭難が続発しているため、より安全な行き方として選ばれている。

 欧米メディアによると、新ルートの主なものはシリアなどからレバノンに抜け、空路でモスクワ入り。その後、列車でロシア北極圏ムルマンスクに入り、車や購入した自転車でノルウェーへ。出発から3日でノルウェーに着いた人もいるという。

あなたにおすすめ