BPO、放送への圧力と異例批判

自民・総務省に

画像 やらせが指摘されたNHKの報道番組について、記者会見するBPO放送倫理検証委員会の川端和治委員長(左から2人目)ら=6日午後、東京都千代田区 NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったとされる問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は6日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表、その中でNHKを厳重注意した総務省と事情聴取した自民党を「極めて遺憾」「圧力そのもの」などと厳しく批判した。BPOが政府・与党を批判するのは極めて異例で、放送業界でつくった第三者機関が権力の介入に強く警鐘を鳴らすかたちとなった。

 意見書は、総務省がNHKに文書で厳重注意したことを「政府が個別番組の内容に介入することは許されない」と非難した。

あなたにおすすめ