厚労省がブラックバイト調査

学生の6割、トラブル経験

 厚生労働省は9日、大学生らが経験したアルバイトの48・2%で賃金不払いなど労働条件に関するトラブルがあったとのアンケート結果を発表した。学生一人一人で見ると60・5%がトラブルを経験していた。

 「ブラックバイト」の社会問題化を受け、8~9月、インターネットを通じて調査。大学生や院生ら千人が経験した1961件のアルバイトの実態を分析した。厚労省によるこの種の調査は初めて。

 トラブルの種類(複数回答)はシフトに関するものが多く、最多は「採用時に合意した以上のシフトを入れられた」の14・8%。「準備や片付けの時間に賃金が支払われなかった」が13・6%など。

あなたにおすすめ