ローソン全店に「ワオン」

電子マネー、イオンと提携

画像 主な電子マネーの発行枚数と利用環境 コンビニ2位のローソンが、流通大手イオンが手掛ける電子マネー「WAON(ワオン)」を導入することが9日、分かった。国内の約1万2千店全てが対象で、12月15日から店頭で決済や現金チャージ(入金)の対応を始める。電子マネーは顧客囲い込みに有効とされ、両社が手を組んで共通のライバルであるセブン&アイ・ホールディングスに対抗する。

 イオンによると、ワオンは年間決済額が電子マネー市場の半分近くを占める最大手。2014年度は1兆9300億円だったが、今回の提携で利用環境が広がり、15年度は2兆円の大台を突破する見通しだ。

あなたにおすすめ