スズキ「アルト」を選出

RJCカーオブザイヤー

画像 スズキの軽自動車「アルト」 自動車評論家らでつくる日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)は10日、ことしの「RJCカーオブザイヤー」にスズキの軽自動車「アルト」シリーズを選んだと発表した。スズキの受賞は2年連続で、6回目となる。

 車体軽量化で実現した燃費性能の高さや優れた運転性能が評価された。「アルト」は、燃費がガソリン車として最高の燃料1リットル当たり37キロを達成した。シリーズにはスポーツモデル「ターボRS」や丸みを帯びたデザインの「アルト ラパン」もあって、選択肢の豊富さも評価された。

 「アルト」シリーズに次ぐ評価を受けたのはマツダのスポーツカー「ロードスター」だった。

あなたにおすすめ