日経サイト、一時閲覧が困難に

サイバー攻撃か

 日本経済新聞社は11日、同社が運営する「日経電子版」などのサイトが10日夜から11日未明にかけ、一時閲覧しづらくなったと明らかにした。同社は大量にデータを送りつけるサイバー攻撃とみて調べている。

 同社によると、11日午前3時すぎまでに、通信を遮断するなど対策を講じた。情報流出は確認されていないという。

 国際的ハッカー集団アノニマスのものとみられるツイッターに、サイバー攻撃を示唆する投稿があった。

 同社広報室は「サービスの安全性を維持するため、一層のセキュリティー対策を講じる」とコメントした。

あなたにおすすめ