福島で夜空彩る巨大たいまつ

須賀川の伝統行事

画像 「松明あかし」で炎を上げる巨大なたいまつ=14日夜、福島県須賀川市 福島県須賀川市で14日、400年以上の歴史を持つ伝統行事「松明あかし」が行われた。長さ6~10メートルの巨大なたいまつ約25本に次々と火がともされ、燃え上がる炎が夜空を朱色に彩った。あいにくの雨天だったが、会場は多くの見物客で埋まった。

 戦国武将伊達政宗の軍が、須賀川城(同市)を攻め落とした合戦が由来。戦いの犠牲者を弔うために始まった。

 特設ステージでは、大小約40の和太鼓で地元演奏者らが曲を披露。燃えさかる炎とともに響く音が、会場を一層盛り上げた。

あなたにおすすめ