脂質燃やす細胞経路発見、広島大

肥満治療に期待

画像 褐色脂肪細胞(左)と白色脂肪細胞(広島大大学院の浅田梨絵研究員提供) 脂質を燃やす「褐色脂肪細胞」の働きを活発にする細胞内の新たな経路をマウスの細胞を使って見つけたと、広島大大学院の浅田梨絵研究員(生化学)らのチームが16日発表した。成果は英科学誌電子版に掲載された。

 人の褐色脂肪細胞は首や肩の辺りにあり、脂質や糖質を燃やして熱を生む。チームは、褐色脂肪細胞の詳しい仕組みが分かれば、新薬開発など肥満治療に役立つ可能性があると説明している。

 チームによると、褐色脂肪細胞では「UCP1」というタンパク質が脂質などの燃焼を担う。脳は寒さを認識すると、褐色脂肪細胞に熱を出すように指示する。

あなたにおすすめ