「イスラム国」新たな声明

米首都への攻撃警告

 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」は16日、新たなビデオ声明をインターネット上に出し、シリアに軍事介入する国々に対しパリと同様のテロを実施すると警告、米首都ワシントンへの攻撃にも言及した。フランスへの新たなテロも予告した。

 ビデオには複数の戦闘員が登場。うち2人が交互に発言し「十字軍に参加する国々に告ぐ。われわれはパリの中心部に攻撃を加えた。アラー(神)の意思により、おまえたちもフランスのような日々を送ることになる」と警告。「われわれは誓う。ワシントンにある米国の中枢を攻撃する」と強調した。

 フランスには「われわれはフランスに侵攻する」と予告した。

あなたにおすすめ