九州の暴力団組員関与か

王将事件、遺留品DNA型が一致

2015/12/13 02:00 | 12/13 08:15 updated

画像 王将フードサービスの社長だった大東隆行さんが撃たれた駐車場周辺を調べる京都府警の捜査員=2013年12月19日、京都市山科区 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の社長だった大東隆行さん=当時(72)=が2013年12月、本社前の駐車場で射殺された事件で、現場近くから遺留品が見つかり、検出されたDNA型が九州に拠点を置く暴力団組員の男と一致したことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 京都府警山科署捜査本部は、男が事件に関与した可能性もあるとみて、年明け以降、拠点先の県警との合同捜査を検討している。ただ大東さんとの関係がはっきりせず、トラブルも確認できないため、男の周辺を含め慎重に捜査を進めている。