10代の4割が「悪意」ある投稿

若い世代「いらいらした」増加

画像 「悪意ある投稿」をした主な理由と割合 スマートフォンなど携帯端末を使いインターネットの掲示板やツイッターに投稿した人のうち、他人の悪口など「悪意ある投稿」をした人は、10代で42%となり、前年調査の30%から12ポイント増加したことが23日、情報処理推進機構(IPA)の調査で分かった。

 全体では27%で、横ばいだった。悪意ある投稿の理由では、10~20代の若い世代で「いらいらした」との回答が増え、約30%となった。

 調査は9月、13歳以上の男女を対象に、ネット上で匿名で実施。主に携帯端末でネットを利用する5千人のうち、掲示板やツイッターなどに投稿した人は2624人と半数を超えた。

あなたにおすすめ