プロライダー練習中に死亡、茨城

緩衝材の火燃え移り

 29日午前11時35分ごろ、茨城県かすみがうら市にあるモトクロス練習場で「(地面に敷き詰めてあった)緩衝材が燃えている」と119番があった。モトクロスバイクで練習中だった同市在住のプロライダー戸田蔵人さん(35)に火が燃え移り死亡した。

 土浦署によると、ジャンプ台から緩衝材に着地後、出火したとみられる。戸田さんは下半身が不自由で、脚を革製のバンドで固定させていたため、逃げ遅れた可能性があるという。緩衝材はスポンジのようなものを敷き詰めたもの。他に練習している人はいなかった。

 戸田さんは2008年に岩手県内のモトクロスレース場での衝突事故で障害を負った。

あなたにおすすめ