東芝への80億円賠償請求へ

現旧役員に奈良の個人株主 

2016/1/6 21:49

画像 東芝本社の入るビル=東京都港区 東芝の不正会計問題で、問題を認識しながら是正せず会社に損害を与えたとして、個人株主が室町正志社長ら現・旧役員約10人に対し、会社へ賠償するよう求める株主代表訴訟を2015年度内にも東京地裁へ起こすことが6日、分かった。代理人弁護士によると、請求額は同社が金融庁から納付命令を受けた約73億円の課徴金分などを含め、最終的に80億円前後に上る見込み。

 株主は奈良県在住の60代男性で、昨年9月、東芝に現・旧役員28人へ総額10億円の損害賠償を求め提訴するよう請求。東芝は、旧経営陣5人に計3億円の損害賠償を求める訴訟を起こしたが、請求額に不足があると主張している。