連載北朝鮮核実験

日本上空、放射性物質検出されず

空自機採取のちり

 原子力規制庁は7日、北朝鮮の水爆実験発表を受けて航空自衛隊の航空機が6日午後に日本上空で採取したちりを分析した結果、実験に由来する放射性物質は検出されなかったと発表した。日本分析センターが分析した。

 規制庁によると、ちりは三沢基地(青森県)と百里基地(茨城県)、築城基地(福岡県)から発進したT4練習機が高度3~10キロの上空で採取。放射性ヨウ素やセシウムは検出されなかった。

 また全国約300カ所の放射線量データも6日午後から7日朝にかけて大きな変化はなかった。

あなたにおすすめ