アイスマン、ピロリ菌に感染

5千年前、胃炎に悩む?

画像 ミイラから復元したアイスマンの像(イタリア・南チロル考古学博物館提供) イタリア北部のアルプスの氷河で見つかり「アイスマン」と呼ばれる約5300年前の男性のミイラが、ピロリ菌に感染していたことが分かったとイタリアなどの研究チームが8日、米科学誌サイエンスに発表した。

 現代人のように胃炎や胃潰瘍を患っていた可能性があるという。ピロリ菌のゲノム解析からは、現代のインドなどで見られる菌と良く似ていることが判明。アイスマンの祖先はアジアから来たという見方も出てきた。

 アイスマンは1991年に標高3千メートルの山中で見つかった。全身の保存状態が良く、40~50歳ぐらい。死因は、背後から矢に射られたことによる失血死とみられている。

あなたにおすすめ