中国企業が米映画会社買収

ゴジラ製作、4千億円で

 【北京共同】中国の不動産大手、大連万達集団は12日、米国の映画会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億ドル(約4千億円)で買収すると発表した。レジェンダリーは、ハリウッド版の「GODZILLA ゴジラ」などを製作したことで知られる。

 万達によると、映画産業では中国企業による海外最大の買収案件になるという。世界の映画界においても中国企業の影響力が一段と増しそうだ。

 不動産開発を本業とする万達は近年、事業多角化の一環で娯楽分野の事業を強化している。2012年には米国の大手映画館チェーン、AMCエンターテインメントを買収した。

あなたにおすすめ