ドコモ、携帯1万~2万円値上げ

スマホ実質0円見直し

2016/1/16 10:01

 NTTドコモが携帯電話の端末代金を近く現行より1万~2万円程度引き上げることが16日、分かった。総務省が端末の過度な購入補助を適正化するよう求めたことに対する措置で、スマートフォンを「実質0円」で販売するといった値引きを見直す。

 新規契約などをした顧客に対する毎月の通信料の割引や、販売店に支払う奨励金の額を見直すことで価格を上げる。上げ幅は端末によって異なるが、米アップルのiPhone(アイフォーン)などを含め、実質0円で売られている端末を中心に対応する。

 KDDI(au)とソフトバンクも実質0円での端末販売の見直しを検討している。