太平洋側を中心に大雪の恐れ

17日夜から、都内で積雪も

 気象庁は17日、低気圧の通過と冬型の気圧配置の影響で全国的に風が強まり、東日本や北日本の太平洋側を中心に夜遅くから雪が降り始めるとして、18日にかけて大雪に警戒するよう呼び掛けた。東京23区でも雪が積もる可能性があるという。

 気象庁によると、低気圧は本州の太平洋側を進み、18日夜には三陸沖に達する。日本付近は21日ごろまで寒気に覆われる見通し。

 18日午前6時までの24時間の予想降雪量はいずれも多い所で北海道、関東甲信30センチ、北陸、中国20センチ、東北、東海15センチ、近畿10センチ。19日以降は日本海側を中心に大雪の恐れがある。

あなたにおすすめ