「立憲政治を取り戻す」団体結成

200人が参加

画像 市民団体「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」を結成し、記者会見する香山リカさん(右)ら=19日午後、国会

 安全保障関連法成立から4カ月の19日、同法を批判する憲法学者の樋口陽一東大名誉教授や小林節慶応大名誉教授らが国会内で記者会見し、市民団体「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」を結成したと発表した。

 委員会には、若者グループ「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基さんや精神科医の香山リカさん、俳優の宝田明さん、弁護士の宇都宮健児さんら、幅広い層の約200人が参加。今後、定期的に会合を開いて意見交換した上で、会見などで情報発信していくという。

 この日の会見では「安保法制の強行成立は立憲主義の否定であり、民主主義の暴走だ」とする声明を公表した。

あなたにおすすめ