不妊治療、助成30万円に

政府、初回費用で倍増

 政府は体外受精などの不妊治療にかかる費用の助成を20日から拡充した。初回助成の上限を現行の15万円から30万円に倍増して治療を始めやすくした。2回目以降は15万円を助成する。夫が要因の不妊にも対応するため、精子を採取する手術を受けた場合には新たに1回につき15万円を上乗せする。

 不妊治療は公的医療保険が適用されず高額な費用がかかる。晩婚化を背景に不妊治療は広がっており、2013年度の助成利用は延べ14万8659件。治療に取り組む夫婦の負担を軽減する狙いだ。

 必要額を盛りこんだ15年度補正予算が20日に成立し、即日実施した。

あなたにおすすめ