てんかん公表に懸念表明

バス蛇行運転で啓発団体

2016/1/26 17:49

 兵庫県淡路市で蛇行運転したツアーバスの運転手が事後にてんかんと診断され、運行会社が病名を公表したことについて、患者や家族らでつくる日本てんかん協会(本部・東京)は26日、「プライバシーを無視している。てんかんは危ないとの印象が社会に広がる」と懸念を表明した。

 厚生労働省で記者会見した医師の久保田英幹副会長は「初めての発作は誰にも予測できず、防ぐことができない」と指摘。「(発作があったとしても)本人に責任がない状況で、公表する必要があったのか」と述べた。

 高齢化でてんかん患者は増加傾向で、初めての発作が事故につながることがある。