病院から薬局行きやすく、厚労省

医薬分業緩和、フェンス不要に

 厚生労働省は27日、医療機関から薬局に行くまでに、公道やフェンスがなくてはならないとした規則を改め、患者が利用しやすいようにする方針を固めた。現行の規則は医療機関と薬局の独立性を高める「医薬分業」での取り決めだが、高齢者や車いすの人らにとって不便だとの指摘が出ていた。

 中央社会保険医療協議会(中医協)に案を示した。中医協の了承が得られれば16年度中に認められる。

 患者は医師から処方箋を受け取り、病院内か外部の薬局で医薬品を購入する。かつては院内処方が一般的だったが、厚労省は医師と薬剤師が互いに専門性を発揮し、チェック機能が働くように医薬分業を推進した。

あなたにおすすめ