大阪の「日本一終電早い駅」廃止

ファンら見送り

2016/1/30 11:13

画像 住吉公園駅を発車した最終電車を見ようと詰め掛けた人たち=30日午前、大阪市 大阪市の路面電車、阪堺電気軌道の住吉公園駅(同市住吉区)が廃止されることになり、30日、最終運行を見送るセレモニーが開かれた。通勤時間帯の午前7、8時台のみ発着することから「日本一終電が早い駅」として鉄道ファンらに親しまれたが、利用減と施設老朽化が進んでいた。

 午前8時32分発の最終電車(1両編成)はこの日、ファンが詰め掛けたため11分遅れて発車。運転士に花束が渡され、約100人の乗客で満員の電車が「プゥー」と長い警笛を響かせて動きだすと、ホームの約500人が「ありがとう」と声を上げた。