統合で店名ファミマに統一へ

サークルKサンクスは消滅

画像 名古屋市内の「サークルK」の店舗=3日

 コンビニ3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングス(HD)は3日、ことし9月1日に予定する経営統合に伴い、コンビニの店舗名を「ファミリーマート」に統一すると正式発表した。

 いずれも1980年に、1号店が名古屋市で開店した「サークルK」と、仙台市に誕生した「サンクス」の店名は9月以降、順次消える。改装などによる看板の一本化には3年程度かける。

 ファミリーマートの国内店舗数は約1万1500店。約3700店のサークルKと約2600店のサンクスと合わせ、統合後の店舗は単純合算で約1万7800店になる。

あなたにおすすめ