水増し請求で6億円着服

福山通運の執行役員、解任

 福山通運(広島県福山市)は6日までに、同社の執行役員(5日付で解任)で子会社の取締役だった50代の男性が、下請け業者に外注費を過大に請求させる手口で約6億円を着服していたと発表。男性の刑事告訴を検討している。

 福山通運によると、男性は子会社の物流会社「ジェイロジスティクス」(千葉県市川市)の取締役だった2009年5月~15年3月の毎月、運送業務を委託していた千葉県内の業者に運送費を水増しして請求させ、一部を自分が受け取っていた。一部は下請け業者が着服したという。

 水増し額は1千万円を超える月もあり、男性は社内調査に「遊興費に使った」などと説明している。

あなたにおすすめ