全日空機が大阪へ引き返す

客室内に断熱材飛び散る

画像 大阪空港に緊急着陸した全日空機から降りる乗客=8日午前(乗客提供) 8日午前9時5分ごろ、大阪発新千歳行き全日空771便ボーイング777(乗客乗員458人)が離陸直後、客室内で煙のようなものが見えたため、大阪空港に引き返して同17分に緊急着陸した。客室内には断熱材のかけらが飛び散っていた。消防によると、けが人はいないという。

 全日空によると、着陸後の点検で火災は発生していなかった。同社は、何らかの理由で機体配管の断熱材の一部がちぎれ、客室の足元付近にある空気が通る穴から、霧のように吹き出てきたとみて詳しい原因を調べる。

 乗客は午後、別の機体に乗り換えて新千歳へ出発。大阪空港事務所は滑走路を3分間閉鎖して点検した。

あなたにおすすめ