群馬の山で男性2人心肺停止

遭難の会社員か

 11日午前9時ごろ、群馬県片品村の小至仏山(2162メートル)に男性2人が倒れているのを沼田署員らが発見した。いずれも心肺停止の状態。署は、北側にある尾根続きの至仏山(2228メートル)に向かい、遭難したとみられる同県吉岡町の男性会社員(38)と同県渋川市の男性会社員(29)とみて、身元確認を進めている。

 同署によると、2人は9日午前、日帰りの予定で至仏山に向かったとみられる。10日になっても出勤しないことから会社の上司が署に届け、県警が捜索していた。

あなたにおすすめ