震災「復興進んでいない」54%

共同通信、3県アンケート

2016/2/11 19:43

画像 岩手県陸前高田市=15年8月(共同通信社ヘリから) 東日本大震災の発生から5年を前に、岩手、宮城、福島3県の沿岸部に住んでいて、津波などで避難生活を強いられた300人に共同通信が実施したアンケートで、地域の復興が進んでいないと捉えている人が計54%に上った。

 地域の復興がどれだけ進んだと感じるか尋ねると「ほとんど進んでいない」が14・7%(44人)、「あまり進んでいない」が39・7%(119人)で、合わせて50%を超えた。「ある程度進んだ」は40・3%(121人)、「順調に進んだ」は5・0%(15人)。無回答は1人。

 復興が進んでいないとの回答が県別で最も多いのは福島県の計73・0%。