NY原油、12年9カ月ぶり安値

供給過剰、世界経済を懸念

画像 NY原油相場の推移

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク原油先物相場は、長引く過剰供給や世界経済の先行きへの懸念から続落し、指標の米国産標準油種(WTI)3月渡しは、時間外取引で一時1バレル=26・05ドルに落ち込んだ。2003年5月以来、約12年9カ月ぶりの安値水準。

 この日は前日比1・24ドル安の1バレル=26・21ドルと6営業日続落で通常取引を終了した後、時間外取引でさらに値を下げた。その後はアラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー相が協調減産に言及したと報じられ、やや値を戻した。

あなたにおすすめ