東西キリスト教会が和解

法王と総主教、歴史的会談

画像 12日、キューバの首都ハバナの国際空港で共同宣言に署名後、抱き合うローマ法王フランシスコ(左)とロシア正教会のキリル総主教(AP=共同)

 【ハバナ共同】ローマ・カトリック教会の頂点に立つローマ法王フランシスコとロシア正教会の最高位キリル総主教が12日、キューバの首都ハバナの国際空港で会談した。1054年のキリスト教会の東西分裂以来、ローマ法王と、東方正教会で最大の勢力を誇るロシア正教会トップの会談は初めて。

 両者は中東の過激派組織「イスラム国」(IS)を念頭に、イラクやシリアで迫害を受けるキリスト教徒の保護のために連携し、暴力やテロ撲滅に向け国際社会に行動を求める共同宣言に署名。東西教会の歴史的な和解をアピールした。

 ローマ法王は欧米で、総主教はロシアで強い影響力を持つ。

あなたにおすすめ