信金職員刺殺11年、情報提供を

「力貸して」と遺族ら

2016/2/14 16:32

画像 街頭で情報提供を求める後藤リウさん(右)=14日午後、東京都府中市 東京都府中市の多摩中央信用金庫(現・多摩信用金庫)府中支店で、営業課長だった後藤博樹さん=当時(39)=が刺殺された事件から丸11年となった14日、警視庁府中署捜査本部は現場周辺で情報提供を求め、チラシ配りをした。

 捜査員や遺族、信金職員ら計約100人が参加。後藤さんの母リウさん(72)は「11年が過ぎても息子を亡くした悲しみが薄らぐことはありません。皆さま方の記憶を掘り起こし、お力を貸してください」と訴え、事件概要が書かれたチラシ入りのポケットティッシュを通行人に手渡した。