朴大統領が対北朝鮮演説へ

16日、国会で

 【ソウル共同】韓国大統領府の金声宇広報首席秘書官は14日、北朝鮮による核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、朴槿恵大統領が国会演説を行う方向で国会側に要請したと明らかにした。聯合ニュースによると、演説は16日午前に行われる。

 金氏は、朴氏が演説で「大統領として国民を守る責任を尽くす一方、北朝鮮のさらなる挑発を防ぎ不安を解消する上でも、国民の団結が必要だということを強調する」と述べた。朴氏は、北朝鮮の人権侵害の実態を記録する機関の設置などを定めた北朝鮮人権法案や、テロ防止法案などの早期採決も求める方針。

あなたにおすすめ