前橋市長に山本氏再選

共産推薦の新人破る

画像 前橋市長選で当選を決め万歳する山本龍氏=14日午後、前橋市

 任期満了に伴う前橋市長選は14日投開票され、無所属現職の山本龍氏(56)=自民、公明推薦=が、無所属新人の弁護士樋口和彦氏(64)=共産推薦=を破り、再選を果たした。投票率は30・97%で過去最低。

 2004年以降、保守分裂選挙が続いていたが、16年ぶりに保革陣営の一騎打ちだった。山本氏の事実上の信任投票となった。山本氏は14日夜、市内の事務所で支援者らを前に「もう4年挑戦するチャンスを頂いた。高齢者が健康で働き続けられる都市をつくっていきたい」と語った。

 山本氏は4年間の実績をアピール。健康医療都市の推進を掲げ、幅広い団体から支援を受けた。

あなたにおすすめ