サッカー女子、宮間ら25人発表

なでしこ五輪予選代表候補

 日本サッカー協会は19日、女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(29日開幕、大阪市)の直前合宿に臨む日本代表「なでしこジャパン」候補25人を発表し、宮間(岡山湯郷)大儀見(フランクフルト)らが選ばれた。22日に大阪入りし、予選登録選手20人は25日に発表される。

 右膝手術から復帰した岩渕(バイエルン・ミュンヘン)や成長株の中島(INAC神戸)横山(長野)らが入ったが、実績のある安藤(エッセン)と宇津木(モンペリエ)はコンディション不良で外れた。

 佐々木監督は「選手とともにいい準備をすることに尽きる」と協会を通じてコメントした。

あなたにおすすめ