田原睦夫元最高裁判事が死去

国旗国歌訴訟で反対意見

画像 死去した田原睦夫氏 最高裁の判事だった田原睦夫(たはら・むつお)氏が19日、食道がんのため京都市伏見区の病院で死去した。72歳。京都市出身。

 京大卒業後の1969年、大阪弁護士会に弁護士登録。会社整理などの実務に精通、日弁連司法制度調査会副委員長などを経て2006年11月に最高裁判事に就任。13年4月に退官した。

 所属した第3小法廷では、校長による国旗国歌に対する起立、斉唱の職務命令の違憲性が争われた訴訟の上告審判決(11年6月)で「斉唱を職務命令で強制するのは内心の核心を侵害すると評価され得る」として、審理を差し戻すべきだとの反対意見を述べた。

あなたにおすすめ